自給自足がしたいサラリーマンのblog

自給自足を夢見て、農業、釣り、料理にいそしむブログ

パラダイス山元式餃子を作ってみた

みなさん餃子は何派ですか?

 

うちの妻は台湾人のため水餃子派。

日本人のわたしはというとやっぱり焼餃子派。

 

つい先日、パラダイス山元氏による、ゼナキングを調味料に入れる餃子がうまいらしいという面白そうな話を知り、やってみることにしました。

 

パラダイス山元とは 

 ウィキペディアを見ていただければわかるが、サンタクロースやミュージシャンと、本業は何をやっている人なのかは訳がわからない(面白そうな人であることはわかる)。

 

とりあえず、芸能界で一二を争う餃子の王様で、完全会員制の餃子専門店「蔓餃苑」を開くほどの腕前だということはわかりました。

 

餃子作ってみました 

今回はパラダイス山元レシピの基本の餃子を作ってみました。

(あまり写真がありませんが)

f:id:tokonamex:20170813202435j:image

ゼナキングは高価過ぎたので、ユンケル黄帝液プレミアムでお茶を濁す(ご本人は色々試してゼナキングに行き着いたとおっしゃっており大変失礼ながら)

f:id:tokonamex:20170814072111j:image

f:id:tokonamex:20170813202440j:image

f:id:tokonamex:20170813202506j:image

f:id:tokonamex:20170814063212j:image

皮作りの手順は新鮮でした。塩は水に溶かさずにそのまま生地に加えること、油はすでに水(お湯)でこねられた生地に練り込むこと。製麺をやっている者からすると、そこにどんなワケがあるのか?忠実に従いながらもハテナが浮かぶ

 

f:id:tokonamex:20170813202448j:image

f:id:tokonamex:20170813202523j:image

f:id:tokonamex:20170813202539j:image

 下手くそですが包み上がり!

(子供と一緒にやったからと言い訳)

 

焼きます!

f:id:tokonamex:20170813200319j:image

f:id:tokonamex:20170813200329j:image

ジュウ〜

 

焼き上がり!

f:id:tokonamex:20170812061742j:image

すごくいい色!

今回はタレなしでいただきました。

 

f:id:tokonamex:20170812070457j:image

う・ま・い!!

 

味はというと、まず皮が市販の餃子に比べて厚めで、そのために焼き面のカリカリ、パリパリ感が際立っている。

ホワイト餃子は皮が分厚すぎるし、市販の餃子は皮が薄くて小麦の味を楽しめない。パラダイス山元式は皮と肉あんのバランスがちょうどいい。

肉あんもすごくバランスが良い。

仕込み時はセロリや椎茸が入るから五目餃子的ないろんな味がするかと思ったけど、それぞれが個別に主張することなく、素材がみんな調和してひとつのめちゃ美味しいあんを成している。

これはすごい!

「基本の」餃子というだけあって、とにかくうまい普通の餃子だった。

パラダイス山元式餃子、オススメです! 

 

 

基本の餃子にアレンジを加えたレシピも沢山紹介されており、この方のレシピならどれも間違いないだろうと確信。

 

 

 〜その後〜

事後疑問だった生地の作り方について調べてみると、

・熱湯はタンパク質であるグルテンを破壊する。

・油脂はタンパク質の結合を阻害し、グルテンの力を弱める。

・塩はグルテンの力を増す

 

なるほど、餃子というものはグルテンを活かす麺づくりとは正反対の、グルテンを殺す製法なのですね(澱粉によってパリッとした生地に仕上げる)。

しかしその割には強力粉を使っており、さらなる疑問も生まれてしまった。小麦粉の応用は奥が深い!